キャリア採用者の声 Vol.4

トップ画像 トップ画像

水道事業推進本部  水道業務推進部

インタビュー
interview

自治体の名に恥じない責任のある仕事を

電話対応

自動車関連の仕事をしていましたが、自己研鑽を積み転職することにー。新しいことにチャレンジしたいと思っていた時に出会ったのが、フューチャーインでした。現在携わっている水道事業は、人々の生活に欠かせないライフラインに関わる仕事です。私が所属する愛知中部営業所では、約14万世帯の水道業務を請け負っています。そのなかでフューチャーインは、お客様の窓口となる営業課の業務全般を委託され、私はチーフ職として所長を補助。営業所の安定稼働に向けて、業務全体の管理を任されています。形として残る仕事ではないため、成果が見えにくい一面があります。それでも全メンバーで同じ目標に向け取り組むため、使命感が強くなります。仕事を成し遂げた際の充実感と達成感は大きくて格別です。もちろん、大変なこともあります。お客様と厳格な会話を必要とする場合には、判断に苦しむ場面に遭遇することもー。そんな時は「自治体の水道事業を請け負う立場に恥じない責任感のある行動を」と、いつも自分に言い聞かせて、気持ちのよいコミュニケーションと、不信感を抱かせない明瞭な説明を心がけた接遇を実践しています。

1日のスケジュール
Daily schedule

1日のスケジュール

出社後、システム上で統計資料を見ながら業務日程の確認や業務の進捗状況の確認を行います。広い視野で業務全体を捉え、問題点があれば指導と教育を実施。時には対策を練ることもあります。特に部署毎のイベントの際には業務が一時的に繁忙となるため、人手が足りない部分を補いながらスムーズな業務を意識。お客様窓口が閉業となる17時15分以降は、翌日の業務の調整にあたります。

私の目標
My goal

部下のキャラクターを伸ばし、強みとして育てる

車で移動

最先端のICT技術のみならず、あらゆる面でお客様のニーズに応えられる部門があるのも、フューチャーインの強みです。私は、この多様性に満ちた職場で、わが社の経営方針である「お客様の役に立つ」「従業員に働き甲斐を」「価値観を共有し自立」をモットーにし、仕事に励んでいます。これら3つを果たすためには、やはり人材育成が重要。スタッフの成長は、会社の成長に不可欠であり、最大の財産だと思っています。具体的には、一人ひとりの個性を尊重し、長所を最大限に伸ばすような指導を心がけています。たとえば、お客様対応が苦手な社員には、あえて別の仕事に挑戦するチャンスを与えています。社員各自が自分のキャラクターを生かす方法に気付き行動することで、おのずと苦手を克服することができ、働きがいを見出せる職場環境が構築できると思っています。今後は、新たな部署に行っても理念や目標を引き継ぎ、活躍できる人材を育て広げていきたいです。個性を尊重し思いを具現化することのできるフューチャーインなら、更なる挑戦もできると確信しています。

お問い合わせ先

株式会社フューチャーイン
会社代表
〒464-8567 名古屋市千種区内山二丁目6番22号
電話:052-732-8021
お問い合わせは専用フォームをご利用ください

更新日 2020年1月10日

ページ番号1000934印刷する