GIGAスクール構想

GIGAスクール構想とは

Society5.0時代に生きる子どもたちの未来を見据え、令和時代のスタンダードとなる教育ICT環境を実現するという構想です。2019年12月13日に閣議決定され、2019年度補正予算案に2,318億円が盛り込まれました。具体的には、高速大容量の通信ネットワーク整備、児童生徒向けの1人1台学習用端末導入、アクティブラーニングに活用できる学習ツールの導入、ICT支援員などの人的サポートが検討されています。

 

GIGAスクール構想の図

先頭へ戻る

ワンストップ・サポート

GIGAスクール構想の実現に向けて、弊社はワンストップサポートでさまざまなサービスを提供いたします。導入前のご相談から、端末・ソフトの選定、システムの構築・校内LAN工事まで幅広く対応いたします。また、保守・ヘルプデスク・ICT支援員といったシステム導入後の運用支援サービスにも対応することで、お客様の負担を軽減いたします。

 

ワンストップ・サポートの図

先頭へ戻る

標準仕様書に沿ったデバイスの提供

2019年度補正予算により、児童生徒1人1台端末の整備を対象とした1台当たりの補助金の額が明らかになってきました。弊社がご提案するGIGAスクール端末は、その補助金で導入いただける価格を想定しています。また、文部科学省GIGAスクール構想における「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づいた学習者用端末の標準仕様に準拠しております。

標準仕様に準拠

タブレット

ご紹介

NECが取り組むGIGAスクールソリューション

協和エクシオが取り組むGIGAスクールソリューション

先頭へ戻る

お問い合わせ先

株式会社フューチャーイン
文教ソリューション本部 文教ソリューション営業部
〒464-8567 名古屋市千種区内山二丁目6番22号
電話052-732-8122

更新日 2020年6月10日

ページ番号1001041印刷する