画像:新型コロナウイルスや感染症などの一次検査に。体温計測可能サーマルカメラ

製品の特長

非接触での体表温測定で発熱者を検出

カメラの前を通過することで、離れた場所からでもスピーディに発熱を検知し発熱者を検出。
非接触で測定できるため、接触による感染リスクを低減できます。

最大20人の体表温を同時に測定可能

AI アルゴリズムを搭載したことで、大勢の人が往来する場所や施設等でも、瞬時に顔を認識し最大20 名まで同時に計測できます。
また、人の額に焦点を当てて測定するためマスク着用時も測定可能です。

検出基準を設定し、アラートで通知

あらかじめ設定した以上の温度を検知した場合には、画像アラート、音声アラートなどにより即座に監視者に通知できます。

測定画面のイメージ

カラー映像、サーモグラフィー映像を切り替えて表示・計測できます。

画像:測定画面のイメージ
(左)カラー映像で表示・測定
(右)サーモグラフィー映像で表示・測定

常設以外に、一時的な設置にも対応

壁や天井から吊下げて設置できるほか、三脚を使って設置することもできます。
また、平時は監視用カメラとしての利用も可能です。

設置場所の例

公共交通施設やイベント会場といった人が多く集まるエリア、病院など感染リスクが高い場所、オフィスや工場などさまざまな場所でご利用いただけます。

先頭へ戻る

運用イメージ

  1. 人通りの多い入口などにサーマルカメラを設置。
  2. サーマルカメラの前を通過する人の体表面温度を連続して測定します。
    立ち止まることなく、また一度に多人数の測定ができるため入口付近での混雑が緩和されます。
  3. 体温の高い人を特定し、監視者のPCなどに自動でアラートを表示。
  4. 対象者を別室に誘導し体温検査をするなど2段階でのスクリーニングを行います。

記録を保存される期間やデータ量に応じて、別途録画データ保存用のストレージシステムをご用意いただくことをお勧めします。

図:運用イメージ

本製品は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
本製品で測定されるものは体表温であり、一般的な体温計で計測される体温とは異なります。
また計測によりウィルスの感染を判断するものではありません。本製品による測定で発熱の疑いが出た場合、体温計での再検温を推奨します。

先頭へ戻る

主な仕様

サーマル解像度 160 × 120 (出力画像の解像度:320 × 240)
光学解像度 2688×1520
測定可能温度 30℃〜45℃
温度計測誤差 ±0.5℃
測定距離 3m
同時ライブビュー 最大20
アラームアクション オーディオアラーム、白色光アラーム、スマートキャプチャ、メールリンケージなど

先頭へ戻る

関連ソリューション

大型LEDディスプレイ+コンテンツ配信システム「DxWIN」

施設内に大型モニタを設置し、測定データをリアルタイムで表示。
大型モニタはサイネージシステムとしても活用でき、平時はイベント案内等の告知にご利用いただけます。
配信用のコンテンツやスケジュールといったデータをクラウド上で管理するタイプの配信システムであれば、サーバの設置・管理が不要です。
予め設定したタイムスケジュールに沿ってコンテンツが自動的に切り替わります。

クラウド型バックアップサービス「KeepBackup」

「KeepBackup」を利用することで、残しておきたいデータを自動的にクラウド上にバックアップできます。
また、世代管理機能により、戻したいタイミングのデータを復旧することも可能です。

先頭へ戻る

Webからのお問い合わせ

この製品に関する資料請求およびお問い合わせは以下のフォームから送信してください

プラットフォームソリューションに関する資料請求

プラットフォームソリューションに関する資料請求

お問い合わせ先

株式会社フューチャーイン
プラットフォームソリューション担当
名古屋
 電話:052-732-8031 (企業のお客様)
 電話:052-732-8024 (自治体・公共機関のお客様)
 電話:052-732-8122 (教育機関のお客様)
東京 電話:03-5434-7761
静岡 電話:054-254-1000
関西 電話:078-325-8415

更新日 2020年6月16日

ページ番号1001045印刷する