営業(システムアドバイザー)

トップ画像 トップ画像

文教ソリューション本部 文教ソリューション営業部 学部:情報科学部 情報科学科

インタビュー
interview

教育機関で扱うIT機器全般をご提案

携帯通話

名古屋市内の公立小・中学校、幼稚園に対して、パソコンやインターネット周辺機器、システム全般の営業をするのが私の仕事です。さまざまな取り扱い製品があるなかで、プリンタートナーなどの消耗品は、各学校と直接やりとりします。その一方、コンピューター室のパソコンの入れ替えなど大規模な案件では、各自治体の教育委員会がお客様となります。個人情報の取り扱いがますますシビアになる現在、パソコン納品の際のセキュリティーは重要度が増すばかり。万全の備えで臨むため、決して気を抜きません。それに加えて、先生方が使用する時に不便にならないようなシステムと設定をご提案できるように努めています。さらに、日頃から気をつけていることがあります。何よりもまず、こまめに学校に顔を出すことを日々実行。そうすることで、お客様から「こういうことで困っています」と気軽に相談してもらえる存在になりたいのです。もともと「大学で学んだプログラミングの知識を生かしつつ、人と話す仕事をしたい」という気持ちがありました。教育機関とシステムという、意外な接点のある仕事とやりがいに出会えたのは、フューチャーインのおかげです。

1日のスケジュール
Daily schedule

一日のスケジュール

3人体制のチームで、名古屋市内にある公立の小・中学校と幼稚園をカバーしています。基本的には外に出て、教育委員会や各学校をご訪問し、ご提案や納品などの営業活動が中心に。また、新製品や新たなシステムなどの情報収集も、仕事をするうえで欠かせません。そのため学校と同じくらいの頻度で、各メーカーと商談をしています。会社に戻った後は、見積りの作成・発注処理・資料作成といった事務作業を行います。

私の目標
My goal

お客様に信頼していただける存在へ

パソコン操作

フューチャーインでは「この仕事をしていて本当に良かった!」と思える瞬間がたくさんあります。今までの仕事で特に印象に残っているのは、プリンターの入れ替えをご提案していた学校から「今までで一番話しやすいのであなたから買いたい」と言っていただけたことです。プリンター自体は他社でも取り扱いがあり、金額を比べてもさほど変わらなかったと思います。そんな状況のなかでも選んでいただけたのは、私にとって大きな自信となりました。いかにコミュニケーションが大切かを実感した出来事となったのです。営業活動の際、折衝やお話しするのは、普段は教壇に立たれている先生方が中心です。当然、先生方はITの専門家ではないため、パソコンに関してお悩みがあっても「何を相談すべきか分からない」というケースがよくあります。だからこそ、まずはじっくりお話を聞き、一つひとつ説明しながら課題をヒアリングしていくことを大切にしています。現在は、一つの自治体がまるごと関わるような、大型案件の受注に向けた営業スタイルを強化。常に情報収集を欠かさず、新たな知識を吸収し続けることで、いっそうお客様に頼っていただけるようにします。その継続の成果が、受注につながると信じているからです。

フューチャーインで働く先輩達
Working seniors

お問い合わせ先

株式会社フューチャーイン
管理本部 総務人事部 人事課
〒464-8567 名古屋市千種区内山二丁目6番22号
電話:052-732-8035
お問い合わせは専用フォームをご利用ください

更新日 2020年1月10日

ページ番号1000130印刷する